表情を変えなかった母が

「マッサージ治療院みつばち」さんを介護施設のケアマネージャーさんから教えて頂き、脳梗塞と廃用性症候群で寝たきりになっている母のもとへ、1週間に3度、医療保険適用の訪問療養マッサージにきて頂いています。

マッサージをして頂く前は肩の関節も全く動かず服を着せたりするのも苦労し、食事の介助にも時間を要していましたが、関節周囲のマッサージや関節を動かす運動などを取り入れて頂く施術をして頂くようになって現在3ヶ月を過ぎ、今は髪の毛を触れる位に肩が上がるようになり、指にも少し力が入るようになっておりフォークに刺した食べ物を自分で口に入れられるようになってきました。

他にも驚いているのが、訪問マッサージをお願いするまでは表情をなくしていた母でしたが「みつばち」のスタッフさんが根気よく話しかけて下さったお陰で母の表情も戻ってきており、楽しい時は笑顔を、悲しい時はしょんぼりとした顔を見せてくれる母を見て、スキンシップやコミュニケーションの重要性も「みつばち」さんから教えて頂きました。母の変化に私達家族みんな喜んでいます。

これからも、私なりに母や介護と上手に向き合いながら、母の人生を支えていきたいと思っています。

「みつばち」さんとも末長いお付き合いをして頂くと思いますが、これからもよろしくお願いいたします。

前の記事

今が旬

次の記事

風流